農作物に深刻な被害を与える野生鳥獣は、太古の昔から食料とされてきました。現在私たちが食する機会は、ほとんど無くなりましたが、昨年度からジビエ料理としてとらえ直す試みが始まっています。本コンテストは、高梁川流域だけでなく、岡山市内や真庭市の料理店やカフェからの参加をえて、シシ肉やシカ肉を使用した料理を競っていただき、その魅力を広く伝え、ジビエとしての需要量を拡大することを目的としています。今年度は、山陽新聞社、高梁川流域のFM局、ケーブルテレビで構成される高梁川流域情報ネットワーク(TIN)と共催します。

● 第1次審査 【投票は2017年11月1日~12月15日まで】

投票方法は2通りあります。※投票結果上位5店舗は最終選考会へ

● 最終選考会【2月24日(土)倉敷アイビースクエア(フローラルコート)】

最終選考会に加え、コンテストに参加した事業者、生産者、加工業者、関係者を含めた試食、トークイベントを開催します。

※別途参加費が必要です。

【主催】一般社団法人水辺のユニオン

【共催】高梁川流域情報ネットワーク(TIN)、一般社団法人高梁川流域学校

Facebookページで詳細を見る

この料理について

(C)2017一般社団法人水辺のユニオン